ほうれい線は遺伝することがあるのか?それとも遺伝しないのか?

ほうれい線は遺伝することがあるのか?それとも遺伝しないのか?

ほうれい線については、10代から出来てしまっている人もいます。

 

年齢に関係なくできるしあの一つがほうれい線なのです。

 

そんなほうれい線ですが、若い時から出来るということは先天性のもの、いわゆる遺伝が関わっているのではないか、と思う方もいると思います。

 

自分大家のほうれい線が濃ければ、自分も将来的にほうれい線が濃くなってしまうのではないか、と考えますよね。

 

こちらではほうれい線と遺伝の関係について詳しく解説します。

 

 

■ほうれい線ができやすい条件が遺伝してしまうこともある

 

・遺伝する可能性は高い

 

ほうれい線ですが、遺伝が大きく関係すると考えられています。

 

あなたの親御さんに、深いほうれい線があるとしたらあなたもいまはなくても将来的には出来てしまうかもしれないのです。

 

しかし、ほうれい線が出来る遺伝子があるわけではありません。

 

実は、できやすい条件が遺伝してしまうのです。

 

できやすい条件について詳しく解説しますね。

 

・骨格や筋肉の質が遺伝される

 

我々は、親から様々なものが遺伝されているわけです。

 

その遺伝の一つですが、骨格や筋肉の質があります。

 

ほうれい線は、骨格によって出来やすかったり、筋肉の質によってできやすかったりするわけです。

 

そういった遺伝を引き継いでしまった場合には、ほうれい線ができやすくなる。といったわけです。

 

・すべてが遺伝されるわけではない

 

そもそもほうれい線は、遺伝によってのみで出来るわけではありません。

 

確かにできやすい条件は引き継いでしまいますが、生活習慣など、さまざまな条件が重なることで出来るのです。

 

 

■遺伝以外のほうれい線ができやすい条件とは?

 

・姿勢の悪さ

 

猫背になっていませんか。

猫背になってしまうと、皮膚科重力の影響を受けてしまいます。

 

垂れ下がりやすくなってしまうのです。

 

その結果、シワが深く刻みつけられてしまう可能性があります。

 

姿勢を良くすることで、遺伝によるほうれい線の出現を遅らせたり、改善させたり、といったことも十分に可能ですよ。

 

・正しいスキンケアを実施すること

 

お肌を洗浄することばかりに注力していませんか。

 

洗浄力の強い洗顔料で顔をゴシゴシと洗ってしまうと、お肌が損傷してしまいます。

 

乾燥肌の状態にもなりかねません。

 

お肌の状態の悪化は、ほうれい線を深くしてしまう原因にもなりかねません。

 

保湿対策なども積極的に行って下さいね。

 

保湿対策ができれば、お肌の状態は向上してほうれい線対策にもなります。