おふろでむくみ解消しよう!むくまなければたるまない

おふろでむくみ解消しよう!むくまなければたるまない

むくみとたるみは大きな関係性があります。

 

そもそも、なぜたるみが起こるのか、といえばむくみがあるからなのです。

 

こちらではむくみが解消できる入浴法について、詳しく解説しますね。
出典:むくみ解消サプリの効果口コミ比較@足むくみサプリSOS

 

■お風呂に入るだけでもむくみにくくなる

 

・シャワーだけで済ませてはダメ

 

特に、暑い夏がやって来ると、シャワーだけで済ませる。

 

なんて方も多いわけです。

 

しかし、シャワーだけで済ませるのはあまりおすすめできません。

 

シャワーだけでは身体が温まらないのです。

 

確かに、お湯にあたっている部位は温まっているかもしれません。

 

しかし、シャワーでは全身を暖めることにはつながりませんよね。

 

一方で、お風呂に入れば全身が効率的に温められるわけです。

 

この体が温かくなる、といったことがむくみの解消に大きく役立っているのです。

 

・血行が高まるとむくみも解消される

 

意外なことに感じるかもしれませんが、血行とむくみは大きく関係しています。

 

むくみはリンパ液の流れが滞ることで発生してしまいますが、血行が悪くなるとリンパ液の流れも悪くなります。

 

血行が良ければ、血の流れに影響を受けてリンパ液の流れもスムーズになるのです。

 

お風呂にはいることで、血行が高まるとリンパ液の流れもスムーズになりむくむ原因が解消されるわけです。

 

だからこそ、むくみやすい方は、毎日の入浴が大切になります。

 

暑い時は入りたくないと思うかもしれません。

 

しかし、美容のためにも入りませんか。

 

血行が高まると新陳代謝も活性化して、ダイエット効果も得やすくなりますよ。

 

 

■むくみを解消するための入浴方法とは?

 

・お風呂の温度について

 

高温にはしないでください。

 

身体を温めることが大事なら42度や43度にしなければならないのか、と思うかもしれません。

 

しかし、高温にする必要はありません。

 

そもそも、高温にしてしまうと、かえってお肌にある保湿物質のセラミドに大きな影響を与えてしまうかもしれません。

 

ですから、お風呂の温度は38度から40度ほどにしましょう。

 

38度から40度程度であったとしても、体温よりは温かいわけなのでしっかりと効果が得られますよ。

 

・どのくらいの時間、お風呂に入っていればよいのか?

 

10分から20分程度で構わないです。長時間はいる場合には、温度に気をつけて下さい。

 

38度ほどにして30分入る、といった程度であれば問題ありません。

 

ただ、短時間入浴だと効果があまり得られません。

 

10分程度はがまんしてお風呂に入って下さいね。