エステシャンが伝授!顔のたるみに効く簡単マッサージ

エステシャンが伝授!顔のたるみに効く簡単マッサージ

フェイシャルエステに行って、顔のたるみを取り除く施術を受けたい、なんて考えている人もいるでしょう。

 

実際に非常に高い効果が得られそうですよね。

 

ただ、フェイシャルエステといえば、1回あたりの施術料金は10,000円から20,000円近くすることもあります。

 

気軽に通えるものではありません。

 

こちらではエステティシャンがおすすめする、顔のたるみに効くマッサージ法をお教えします。

 

特に簡単なものを紹介するので、早速本日から実施してみませんか。

 

 

■顔をくるくるとマッサージする

 

・アゴからこめかみ
・口角からこめかみ
・頬からこめかみ

 

上記の三つの位置を意識して、円を描くようにくるくるとマッサージして下さい。

 

その時は、斜め上方向へ押し上げていくような感覚です。

 

メイク落としの時に、こちらのマッサージ法を意識する、といったこともおすすめですよ。

 

一般の洗顔中に行うのもおすすめです。

 

お肌を持ち上げるような感覚になりますし、リンパの流れも良くなる、といったメリットが有ります。

 

基本的に、それぞれのパーツを5秒くらいの感覚でマッサージして下さい。

 

長時間しなくても構いませんよ。

 

 

■首にたまったリンパを流すマッサージ方法

 

・首をスッキリさせることで顔のたるみに対処できる

 

首にはリンパ管がたくさんあります。

 

そのリンパ管の流れが滞ってしまえば、色々な問題が出てきてしまうこともあるのです。

 

ですから、しっかりとスムーズに流してやるためにも対策が必要になります。

 

・耳の後ろから首にかけて指を下ろすこと

 

首筋のリンパを上から下におろします。

 

左右両方必ず行って下さい。

 

回数としては10回ずつで構いません。

 

首のリンパ名が慣れるようになれば、顔に溜まっていたリンパ液もどんどんと流れ出ていくことになります。

 

このマッサージで痛みを感じたでしょうか。

 

もしも痛みが出てしまった方は、老廃物がたまっている証拠です。

 

このマッサージの効果が出ていることにもほかならないので、毎日実施して下さいね。

 

・あごのリンパも流しておこう

 

首から近い部位として、アゴにも注目しなければなりません。

 

二重あごになりやすい方は、実際にリンパの流れがかなり悪い可能性があります。

 

アゴのマッサージ法としては、親指を顎先にあてがいます。

 

そして耳に向かってフェイスラインにそって親指を動かしていきます。

 

その部位には、リンパの流れが実際にあり、アゴやフェイスラインで滞っていた老廃物を効率的に流すことが出来るのです。