ぜひ知っておきたい!たるみの3大原因とは

ぜひ知っておきたい!たるみの3大原因とは

顔のたるみには積極的に対処すべきです。

 

顔のたるみがあることで年齢を感じさせてしまうこともあるからです。

 

しかし、顔のたるみの原因を知らなければ有効な対策もできませんよね。

 

こちらでは顔のたるみの3つの原因について詳しく解説します。

 

実際に防げるものもあります。もしも、原因の一つにでも当てはまってしまった方は、早急に対策を考えましょう。

 

 

■一つ目|生活習慣によるたるみの原因について

 

・喫煙によってお肌がたるんでしまう

 

喫煙最大の問題がニコチンにあります。

 

ニコチンは、血管を収縮させてしまう機能があるのです。

 

血行が阻害されてしまうので、皮膚に送られるべき栄養が届かなくなります。

 

新しい皮膚ができにくくなり、古い角質がお肌の上に残り続けることになります。

 

また、タバコは体内に活性酸素を創りだしてしまいます。

 

活性酸素には老化現象を促進させてしまう、といった作用があるのです。

 

さらに、ビタミンCを大量に消費してしまう、といったデメリットが有ります。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成促進やメラニンの生成を抑える働きまで認められているのです。

 

そんな高機能なビタミンC、が喫煙習慣があるだけで役に立たなくなってしまうのです。

 

■二つ目|紫外線によってお肌がたるんでしまう

 

・紫外線により、コラーゲンとエスラチンが破壊される

 

お肌の弾力に関わっているのが、コラーゲンとエスラチンです。

 

それらの物質がお肌の中で減少してしまうと、お肌のたるみを引き起こしてしまいます。

 

紫外線を長時間浴びるようなことがあれば、どんどんとコラーゲンとエスラチンが減少してしまいます。

 

しかも紫外線にはお肌の内部でメラニンを発生させてしまいます。

 

シミの原因になってしまうなど、お肌の老化現象が止まらなくなってしまいます。

 

お肌をたるませたくなければ、積極的に紫外線対策を実施してください。

 

習慣として紫外線対策ができれば、たるみもおさってくるはずです。

 

 

■三つ目|ストレスがたるみに強い影響を与えてしまう

 

・ストレスはお肌のターンオーバーを阻害してしまう

 

ストレスには、ニコチンと同じような作用があります。

 

血管を収縮させてしまうのです。

 

血液から皮膚への栄養補給ができなくなる、といった状態が生まれやすいのです。

 

コラーゲンやエスラチンの生成にも問題が出てきてしまい、お肌にたるみが出現してしまいます。

 

最近では女性の社会進出もあり、ストレスを抱えている方が多いのです。

 

肌のバリア機能をも低下させる可能性が有るので、早急なストレス対策を実行すべきです。