パソコンの仕事は顔がたるむって本当なの?

パソコンの仕事は顔がたるむって本当なの?

長時間のパソコン作業を毎日こなしている方は多いはずです。

 

この作業が顔のたるみを生むことをご存知でしょうか。

 

以下で詳しく解説いたします。

 

 

年不相応のたるみが増えている

 

顔のたるみは様々な原因で引き起こされます。

 

最も多い原因が加齢によるものです。

 

年を取ると、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが衰えます。

 

これにより肌を支え切れなくなると顔のたるみが生じます。

 

このたるみは中年期以降に目立ちやすくなります。

 

しかし最近では、それ以前に顔のたるみが目立つ方が増えています。

 

また、年齢以上に顔のたるみが進んでいる方もいます。

 

これらの背景にパソコン作業が関わっていると考えられています。

 

 

パソコンの仕事が顔のたるみを生む理由

 

お仕事の中で長時間にわたりパソコン作業を続ける方が多いはずです。

 

長時間のパソコン作業になると、どうしても姿勢が乱れてしまいます。

 

顎を突き出し猫背でキーボードをタイプしている方が多いのではないでしょうか。

 

この姿勢は、顔の筋肉を前と後に引っ張り合いしている状態です。

 

前と後ろに引っ張られた筋肉はたるんでしまいます。

 

顔の皮膚は筋肉のうえに直接乗っているので、筋肉がたるむと皮膚もたるんでしまいます。

 

また、パソコンと向き合い無表情で作業を続けると、顔の筋肉が凝り固まってしまいます。

 

血の流れやリンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が溜まりやすくなります。

 

この重みに耐えきれなくなると、顔はたるんでしまいます。これらの背景があり、パソコンの仕事を長時間続けていると、年齢以上に顔がたるみやすくなるのです。

 

 

顔のたるみを解消するために出来ること

 

以上の原因により顔のたるみが加速します。

 

顔のたるみが気になる方は出来るだけ正しい姿勢で仕事をすることが重要です。

 

また、顔の表情を動かすことも重要です。

 

意識的に表情を作るなどして、仕事に取り組みましょう。

 

以上のほかでは、コリをほぐすハンドマッサージが有効です。

 

パソコン作業によるたるみは口元に現れやすいといわれています。

 

口角を持ちあげるようにマッサージを施すとよいでしょう。

 

毎日の蓄積が顔のたるみとして現れます。

 

パソコンのお仕事が多い方は意識的に顔のたるみを取り除くようにしましょう。

 

 

環境が大きく変化したため、パソコンのお仕事をなくせる方は少数派です。

 

避けられない仕事であれば、仕事を行う環境を整えることが重要です。

 

姿勢を正すなどは意識一つで取り組めることです。

 

また、ハンドマッサージも仕事の合間に取り組めます。

 

これらを取り入れ、顔のたるみを予防してみてはいかがでしょうか。