魔法のメイク術で気になる顔のたるみを解消しましょう!

魔法のメイク術で気になる顔のたるみを解消しましょう!

年齢とともに顔のたるみが気になる方は多いものです。

 

丁寧にケアをしてもたるんだ肌の解消は簡単ではありません。

 

そこでお勧めなのが魔法のメイク術です。

 

わずかなポイントを抑えるだけで、顔のたるみを解消できます。

 

 

年齢とともに進行する顔のたるみ

 

年齢を重ねることで顔のたるみが気になることはないでしょうか。

 

顔のたるみは、肌のハリを支えるコラーゲンとエラスチンの働きが低下するため引き起こされます。

 

コラーゲンとエラスチンの働きが低下する理由は、加齢によりこれらを生成する線維芽細胞の働きが低下するからです。

 

この他にも様々な要因はありますが、加齢により肌がたるみやすくなる原因はこの点にあるといえます。

 

つまり、年齢を重ねると肌はたるみやすくなるのです。

 

このたるみを解消するために様々なケアを行うことができます。

 

とはいえ、すぐに結果が出るわけではありません。

 

そこでお勧めなのが魔法のメイク術です。

 

ポイントを抑えてメイクをするだけで、顔のたるみが目立ちにくくなります。

 

こちらで顔のたるみを目立ちにくくしつつ、日々のケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

顔のたるみをケアするメイク術

 

顔のたるみが気になる方は、全体の印象がぼやけることにお悩みではないでしょうか。

 

顔がたるむと、全体が垂れ下がり気味になります。

 

全体が垂れ下がるとシャープさが失われるので、ぼやけた印象になるのです。

 

垂れ下がりに合わせてメイクをすると、ぼやけた印象を強調することになります。

 

顔のたるみを解消したい方は、理想の位置(元の位置)を意識してメイクを施すとよいでしょう。

 

つまり、全体を持ちあげるようにメイクすることが重要です。

 

 

目は口ほどのものを言う

 

たるみ解消メイクで最も重要なポイントが目です。

 

顔のたるみは目に現れやすいといわれています。

 

加齢とともに優しい印象になりがちなので、目元を持ちあげるようにメイクしましょう。

 

眉を描く場合は眉尻に注意してください。

 

眉尻を下げてしまうとやや老けた印象になってしまします。

 

眉尻が眉頭より低くならないように気を付けましょう。

 

目が腫れぼったく見える方はアイライナーをはっきり入れるとよいでしょう。

 

ビューラーとマスカラでまつ毛を持ちあげるとより効果的です。

 

法令線が気になる方は、コンシーラーで小鼻周りや法令線の肌色を少し明るくするとよいでしょう。

 

ファンデーションを厚く塗るより効果的です。

 

リップラインは口角を持ちあげるように描きます。

 

これだけで若さを演出できます。

 

以上のメイク術などによりたるみを隠すことができるはずです。

 

加齢とともに顔のたるみは目立ちやすくなります。

 

しかし、メイク術を工夫することで補うことは可能です。

 

日々のスキンケアで改善を図りつつ、メイク術で顔のたるみを目立たなくしてみてはいかがでしょうか。