紫外線が顔のたるみを生み出すって本当なの?

紫外線が顔のたるみを生み出すって本当なの?

シミの原因として有名な紫外線が、顔のたるみを引き起こすことをご存知でしょうか。

 

以下で詳しく解説いたします。

 

 

顔のたるみを引き起こす紫外線

 

紫外線がシミを引き起こすことは広く知られています。

 

しかし、顔のたるみを引き起こすことはあまり知られていません。

 

どのようなメカニズムで顔のたるみを引き越すのでしょうか。

 

紫外線は、顔の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンの生成に関わっている線維芽細胞にダメージを与えます。

 

この細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンの生成が滞るばかりか、コラーゲンやエラスチンを分解する酵素が過剰に分泌されます。

 

これにより、コラーゲンとエラスチンが劣化するため、肌の弾力を支えることができなくなり、顔のたるみが引き起こされるのです。

 

 

問題は紫外線A波

 

線維芽細胞にダメージを与えるのは、A波と呼ばれる紫外線です。

 

紫外線A波は、真皮層まで届きジワジワと様々な影響を与えます。
その中の一つに線維芽細胞へのダメージがあるのです。

 

厄介なことに、紫外線A波はオゾン層を通過しやすく、地上に降り注ぐ量は日焼けを引き起こす紫外線B波の20倍といわれています。

 

さらに、雲も通過しやすいので、曇りの日であっても容赦なく降り注ぎます。

 

さらに窓も通過しやすいので、室内であっても天気の良い日は対策が必要と考えられています。

 

紫外線B波のように急激な変化はもたらしませんが、ジワジワと肌に影響を与え、長い年月をかけて顔のたるみを引き起こします。

 

 

たるみの予防には紫外線ケアを

 

以上の通り、紫外線は顔のたるみの原因になります。

 

いつまでもハリのある肌を保ちたい方は、紫外線ケアに取り組む必要があります。

 

先ほど紹介した通り、

 

顔のたるみを引き起こす紫外線A波は、雲や窓などを通過しやすい特徴を持ちます。

 

この点を理解してケアをすることが重要です。

 

従来の紫外線ケアは外出時のみ行いますが、顔のたるみ対策の紫外線ケアは室内でも行います。

 

天気の良い日は紫外線を通さないカーテンを使用する、あるいは室内でも日焼け止めを塗るなどのケアがお勧めです。

 

紫外線は目に見えませんが、日々の小さなケアでその影響を和らげることができます。

 

顔のたるみを予防したい方は、毎日の紫外線対策に取り組みましょう。

 

何気なく浴びている紫外線が顔のたるみの原因になることがあります。

 

いつまでも若々しくいたい方は、以上を理解したうえで紫外線対策をとってみてはいかがでしょうか。