顔のたるみに深く関わる表情筋をご存知ですか?

顔のたるみに深く関わる表情筋をご存知ですか?

無表情な生活を送っていると顔がたるみやすくなるといわれています。

 

その背後に潜むのが表情筋の衰えです。

 

なぜ表情筋が衰えると顔がたるむのでしょうか。

 

これらの点を解説いたします。

 

 

顔のたるみに悩む若者が増えています

 

顔のたるみというと、中年以降の悩みと考えられがちです。

 

しかし最近では、中年とは呼べない年齢層の方までも、顔のたるみに悩んでいます。

 

この背後に潜むのが表情筋の衰えです。表情筋とは、名前からわかる通り顔の表情を作り出す筋肉です。

 

この筋肉などが顔の脂肪や肌を支えることでたるみのない顔が作りだされています。

 

しかし、表情筋は他の筋肉に比べ薄いので、使わないとすぐに衰えてしまいます。

 

つまり、無表情な生活を送っているとすぐに衰えてしまうのです。

 

この筋肉が衰えると、顔の脂肪や肌を支える力が弱くなるので顔がたるみやすくなります。

 

長時間にわたり、一人でパソコンやスマートフォンを操作していると、顔の筋肉を使わなくなるので、表情筋が衰えます。

 

そのため、中年層とは呼べない年齢でも、顔のたるみに悩む方が増えているのです。

 

 

顔の筋肉が衰えると・・・

 

顔には30種類もの表情筋が存在します。

 

これらの筋肉が連動することで豊かな表情が作りだされます。

 

年齢を重ねることや無表情な生活を送ることで、これらの筋肉は衰えます。

 

筋肉が衰えると、血液やリンパの流れが滞り、老廃物が溜まります。

 

すると、むくみが生じ、脂肪がつきやすくなるのです。

 

むくみや脂肪は表情筋の動きをさらに悪くしてしまいます。

 

動きが悪くなった表情筋はさらに衰え、老廃物や脂肪がたまりやすくなります。

 

この悪循環の結果、筋肉や皮膚にたるみが生じ、顔がたるんでしまうのです。

 

 

表情筋の再生がカギ

 

以上の通り、顔のたるみに表情筋の衰えが大きく関わっています。

 

該当する方は、衰えた表情筋を鍛えるとよいでしょう。

 

表情筋の再生は誰にでも簡単に取り組めます。

 

表情筋の衰えが気になる方は、表情筋を鍛えるエクササイズや表情筋を刺激するハンドマッサージに取り組むとよいでしょう。

 

年齢が若い方は、表情豊かな生活を心掛けるだけで変化を感じられるかもしれません。

 

衰えた表情筋は再生することが可能です。

 

顔のたるみが気になる方は、これらの対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

表情筋は顔のたるみと密接に関わっています。

 

ライフスタイルの変化により衰えやすくなっているので、顔のたるみが気になる方は表情筋に注目してみるとよいかもしれません。

 

表情筋の衰えを自覚している方は、表情豊かな生活を心がけてみてはいかがでしょうか。