お手軽!ハンドマッサージで顔のたるみ対策

お手軽!ハンドマッサージで顔のたるみ対策

加齢とともに顔のたるみが気になることはないでしょうか。

 

該当する方は、お手軽なハンドマッサージに取り組むとよいでしょう。

 

 

顔のたるみを生み出す原因

 

顔のたるみは様々な原因で作り出されます。

 

顔の筋肉の衰えと顔のむくみも原因の一つと考えられています。

 

顔の下には、表情を作り出す表情筋と、表情筋を支える深層筋が存在します。

 

これらが顔の肌や脂肪を支えているためたるみのない顔が作りだされます。

 

しかし、顔の筋肉は他の筋肉より衰えやすいことで知られています。

 

無表情な生活を送っていると、すぐに顔の筋肉が衰えてしまいます。

 

顔の筋肉が衰えると、重力に抗しきれなくなるため顔のたるみが生じます。

 

また、筋肉が衰えると血流が滞るので、老廃物が溜まりやすくむくみやすい状態になります。

 

当然、代謝が落ちた状態なので脂肪も付きやすくなります。

 

皮膚におもりが付いた状態になるので、衰えた筋肉には大きな負担になります。

 

よって、これらも顔のたるみの原因になります。

 

 

顔のたるみを解消するために

 

以上が原因となり顔がたるむことがあります。

 

大きな原因となっているのが、表情筋の衰えなので、この点を解決すると顔のたるみが解消できるかもしれません。

 

具体的には、使わないことで衰えた表情筋に刺激を与えることが重要です。

 

刺激を与えれば血流も良くなるので、代謝が上がり、老廃物が溜まりにくくなります。

 

結果として、たるみの改善が期待できます。

 

表情筋に刺激を与えるためにはどのような取り組みを行えばよいのでしょうか。

 

 

ハンドマッサージに取り組む

 

もっともお手軽な方法がハンドマッサージです。

 

ハンドマッサージであれば、誰にでもお手軽に取り組むことができます。

 

指を滑らすようにマッサージを行うので、クリームなどを使用した後がお勧めのタイミングです。

 

ハンドマッサージは、表情筋の流れに沿って行うと効果的です。

 

鼻の両脇に指を添え、頬を通過してこめかみ方向へ引き延ばすようにハンドマッサージを行います。

 

続いてフェイスラインに沿って顎から耳の方へ指を滑らしましょう。

 

最後はおでこの中央に指を置き、くるくると回転させながらこめかみ方向へ進みます。

 

これらのハンドマッサージにより表情筋に刺激を与えることができます。

 

血流が良くなれば、老廃物などを押し流すことができるので、顔のたるみ予防に働きかけることができます。

 

顔のたるみが気になる方は、以上のハンドマッサージに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

ハンドマッサージにはいろいろなやり方があるので、ご自身に合った方法を探してみるとよいかもしれませんね。