顔のたるみを解消するために取り組みたいこと

顔のたるみを解消するために取り組みたいこと

顔のたるみは見た目年齢を大きく引き上げます。

 

解消するために、どのような取り組みを行えばよいのでしょうか。

 

 

顔のたるみの原因

 

肌のハリは、コラーゲンやエラスチンが適切な構造を保ち、適切な量存在することで保たれています。

 

しかし、加齢などの原因が加わると、これらを保てなくなってしまいます。
すると、肌のハリが失われ顔のたるみへ繋がります。

 

顔のたるみを解消するためには、コラーゲンやエラスチンを適切に保つよう働きかけることが重要です。

 

 

最初に取り組みたい紫外線対策

 

顔のたるみの大きな原因になっているのが紫外線です。

 

紫外線を浴びると、肌のハリを支えているコラーゲンやエラスチンがダメージを受けます。

 

また、これらの再生を担う線維芽細胞もダメージを受けるため働きが鈍ります。

 

紫外線を浴びると、ダメージを受けたコラーゲンやエラスチンが居座り続けるため、顔のたるみにつながるのです。

 

肌に特に影響を与えているのが紫外線A波です。

 

紫外線A波はオゾン層を通過しやすく、雲や窓ガラスなど通過しやすい性質を持っています。

 

曇りの日はもちろん、日当たりの良い家の中でも対策が必要です。

 

顔のたるみを避けたい方は、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

 

加えて、肌のハリのためには保湿が欠かせません。

 

こちらも忘れずに取り組みましょう。

 

 

健康的な生活を心掛ける

 

加齢により働きは衰えるものの、古くなったコラーゲンやエラスチンなどは新しいものと置き換えられます。

 

この働きを促すために、健康的な生活は欠かせません。

 

第一に、コラーゲンやエラスチンなどの産生に必要なタンパク質やビタミンを摂取しましょう。

 

加えて、肌の新陳代謝を促す良質な睡眠が欠かせません。

 

かつては22時から2時までの睡眠が重要といわれていましたが、最新の研究によると眠り始めから3時間の良質な睡眠が重要といわれています。

 

不規則な生活になりがちな方も、この点を重視すればお肌に嬉しい結果が現れるかもしれません。

 

 

顔の筋肉を刺激する

 

以上に加え重要なのが、顔の筋肉を刺激することです。

 

顔の肌は顔の筋肉により支えられています。

 

この筋肉が衰えると重量に抗しきれなくなるため顔がたるんでしまいます。

 

また、筋肉への血流が滞ると、肌の新陳代謝に必要な栄養が届きにくくなります。

 

意識的に顔の筋肉を使う、あるいはフェイスマッサージに取り組むなどして、顔の筋肉に刺激を与えましょう。

 

 

加齢とともに顔はたるみやすくなってしまいます。

 

しかし、適切な対策をとることでそのスピードをコントロールすることは可能です。

 

以上を参考に、顔のたるみ対策を行ってみてはいかがでしょうか。