年齢以外も原因に!顔のたるみを引き起こすその他の要因

年齢以外も原因に!顔のたるみを引き起こすその他の要因

加齢は顔のたるみを引き起こす原因として知られています。

 

加齢以外にも顔のたるみを引き起こす原因があることをご存知でしょうか。

 

ここでは、これらの内容についてご紹介いたします。

 

 

紫外線が顔のたるみを引き起こす

 

顔のたるみを引き起こす大きな原因として、紫外線を挙げることができます。

 

なかでも、紫外線A波(UVA)は顔のたるみと大きく関わっています。

 

紫外線A波は、真皮層まで届き、ジワジワと様々な影響を与えます。

 

その中の一つが線維芽細胞へのダメージです。

 

線維芽細胞がダメージを受けると、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを分解する酵素を分泌します。

 

これにより、肌の弾力が失われます。

 

また、線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを作り出す役割を担っています。

 

紫外線A波の影響で働きが弱まるため、ダメージを受けたコラーゲンやエラスチンが置き換らないまま居座り続けることになります。

 

その結果、顔のたるみが引き起こされるのです。

 

 

生活習慣も顔のたるみを引き起こす

 

紫外線のほかでは、生活習慣の乱れも顔のたるみを引き起こします。

 

顔の肌に弾力を与えているのは、コラーゲンとエラスチンなどです。

 

肌の弾力を維持し続けるためには、これらを適切に維持し続ける必要があります。

 

食生活が乱れると、コラーゲンやエラスチンなどの生成に必要な栄養が不足する可能性がります。

 

十分なコラーゲンとエラスチンなどを生成できないと顔のたるみにつながります。

 

顔のたるみが気になる方は、意識的にタンパク質とビタミンCなどを摂取するようにしましょう。

 

以上に加え、規則正しい生活リズムも重要です。

 

睡眠不足は顔のたるみにつながります。

 

早寝早起きを心がけましょう。

 

 

筋肉の衰えも顔のたるみを引き起こす

 

顔の肌の下には表情筋と深層筋と呼ばれる2種類の筋肉が存在します。

 

表情筋とは、文字通り表情を作るための筋肉です。

 

深層筋は骨の上についている筋肉で、表情筋を支え血液を送り込む役割を担っています。

 

顔の筋肉は他の筋肉に比べ薄く衰えやすいといわれています。

 

顔の筋肉が衰えると、重力に抗しきれなくなるので顔のたるみが生じます。

 

また、筋肉を使わないでいると血流やリンパの流れが滞るので、老廃物により顔がむくみやすくなります。

 

さらに、脂肪がつきやすくなるので、顔のたるみにつながってしまいます。

 

つまり、顔の筋肉の衰えは、肌のたるみにつながるのです。

 

年齢以外にも、これらの原因で顔のたるみは生じます。

 

厳密には、年齢に加えてこれらの原因が重なることで、顔のたるみが生じていると考えられます。

 

顔のたるみが気になる方は、これらの影響についても理解しておきましょう。