顔のたるみはなぜ起こる?メカニズムを解説

顔のたるみはなぜ起こる?メカニズムを解説

ふと鏡を見るとたるみが気になることはないでしょうか。

 

ここでは、加齢とともに目立つ顔のたるみのメカニズムを解説いたします。

 

 

顔がたるむのはなぜ?

 

年齢とともに顔のたるみが気になる方は多いものです。

 

年齢を重ねることで顔のたるみが気になる原因は、加齢が肌のたるみと関わっているからです。

 

私たちの肌は、表皮・表皮を支える真皮・真皮を支える皮下組織の三層から出来ています。

 

中でも真皮に存在するコラーゲンとエラスチンは顔のたるみと密接に関わっています。

 

コラーゲンやエラスチンは、バネのような働きを担い肌の弾力と柔軟性を支えています。

 

これらが適切な構造で十分に存在すれば顔はハリのある状態を維持します。

 

しかし、加齢とともにコラーゲンやエラスチンをつくる線維芽細胞の機能が低下するため、これらの構造と量を維持できなくなってしまいます。

 

すると、真皮層が縮み肌を支え切れなくなります。

 

支えを失った肌が垂れ下がるため、顔がたるんでしまうのです。

 

 

顔のたるみを作る原因

 

以上のメカニズムで顔のたるみが引き起こされます。

 

続いて、コラーゲンやエラスチンにダメージを与える原因をご紹介いたします。

 

ここでも加齢は大きな問題になります。加齢とともにお肌の水分量は減少します。

 

水分量が減少すると、コラーゲンの弾力性が失われるので、肌の弾力も奪われます。

 

これにより、顔のたるみにつながります。

 

さらに、毎日浴びる紫外線も顔のたるみと深く関わっています。

 

紫外線は、コラーゲンやエラスチンを再生する線維芽細胞にダメージを与えます。

 

線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンが生産できないばかりか、これらを分解する酵素が過剰に分泌されます。

 

そのため、紫外線により顔のたるみが促進されるのです。

 

このほか、生活習慣も顔のたるみに関わっていると考えられています。

 

栄養バランスのとれた食生活、規則正しい生活リズムにより、肌が良い状態に保たれます。

 

このバランスがみだれると、顔のたるみにつながります。

 

 

筋肉の衰えもたるみの原因に

 

以上のほかでは、顔の筋肉の衰えもたるみの原因になってしまいます。

 

顔の筋肉は、体の筋肉に比べ薄く衰えやすいといわれています。

 

顔の筋肉が衰えると、重力に抗しきれなくなるのでたるみが生じます。

 

また、筋肉の衰えは血液やリンパの流れの悪化につながります。

 

血流やリンパの流れが悪化すると、老廃物が溜まりやすくなるので顔がむくみやすくなります。

 

また、脂肪がつきやすくなるので顔がたるみやすくなります。

 

 

これらの原因で顔のたるみは生じます。

 

顔のたるみを予防するためには、一つ一つの原因に適切に向き合うことが重要です。