顔がたるんでくるとシワにもなりやすいので気をつけろ!

顔がたるんでくるとシワにもなりやすいので気をつけろ!

老化を感じさせるものとしてシワがあります。

 

シワを防ぐために日々に努力している女性も少なくありません。

 

そんな時に注目して欲しいのが、顔のたるみになります。

 

実はシワの彫りの深さに大きな影響を与えているのがたるみなのです。

 

こちらでは顔のたるみとシワはどんな原因で発生してしまうのかを解説します。

 

 

■コラーゲンとヒアルロン酸が減少してしまった

 

若い時は、肌の健康を維持する成分も非常に豊富です。

 

コラーゲンとヒアルロン酸は実際にお肌のハリなどに役に立っています。

 

そんなコラーゲンとヒアルロン酸も20歳を境に減り続けてしまうのです。

 

その結果、30代や40代になるとお肌のハリが失われてしまい、たるみやシワが出来てしまうのです。

 

・コラーゲンに役割とは

 

繊維状のタンパク質となっています。皮膚の表面を支えている成分なのです。コラーゲンが減ってしまうと、皮膚の表面が支えられなくなってしまいます。その結果、お肌のハリが消え失せます。

 

・ヒアルロン酸の役割とは

 

ヒアルロン酸の量が多ければお肌の弾力が高まります。弾力があるということは、お肌が正しい位置にずっとあり続けるためにどうしても必要なものです。ヒアルロン酸が欠乏すると、お肌が正しい位置からずれてしまったままになり、たるみやシワの原因となるのです。

 

 

■筋肉が収縮してしまった

 

若い時と歳を重ねた時だと、筋肉の収縮に大きな違いがあります。

 

若い時は表情などの筋肉が、伸びている状態なのです。

 

お肌が膨らんでしまうといったことがないような状態です。

 

一方で、年齢を重ねてくると表情筋が収縮してしまいます。

 

筋肉が伸びているのではなく縮こまってしまうのです。

 

そうなると皮膚に段差ができてしまい、シワやたるみの原因となってしまいます。

 

筋肉に刺激を与えて筋肉を弛ませるようなことが必要になりますが、美容外科でなければ根本的な対策は難しいです

 

 

■乾燥肌になってしまった

 

年齢に大きく関わる項目です。

 

若い時は、皮脂が出やすいので、お肌もしっかりと潤っています。

 

しかし、歳を重ねるとそうも行きません。

 

皮脂の分泌量も減ってしまい、乾燥肌の状態が長く続いてしまうのです。

 

・皮脂は肌を守ってくれていた

 

皮脂は悪い印象があるかもしれませんが、外界からの刺激や紫外線から肌を守っているものです。

 

皮膚は刺激を受け続けると劣化してしまいます。

 

そしてシミやシワ、そしてたるみが出てきてしまうわけです。

 

皮膚の強さは、皮膚の元々の色にも現れます。

 

黒人の方は皮膚が乾燥しにくいといった特徴がありますが、白人の方は皮膚が弱く、すぐに傷つきやすいです。

 

色白の方は特にケアを怠らないでくださいね。