姿勢に気をつけるだけで顔のたるみ解消可能!

姿勢に気をつけるだけで顔のたるみ解消可能!

あなたは姿勢が良いですか。

 

もしも悪いのであれば美容に大きな問題が出てくるかもしれません。

 

実は、姿勢の悪さと顔のたるみはリンクしてしまっているのです。

 

現状でたるみのある方は、姿勢を良くしなければなりません。

 

美容を維持するためにも、いま顔がたるんでいない方も姿勢には注意しなければなりません。

 

こちらでは姿勢と顔のたるみの関係性を詳しく解説します。

 

そしてどのように姿勢を良くすれば顔のたるみがなくなるのかもお話します。

 

■姿勢が悪くなるとどんなリスクが出てくるのか?

 

・フェイスラインが崩れる

 

最も大きな影響として2重アゴがあります。

 

姿勢が悪く背骨のラインがゆがんでいる方は、実際に2重アゴができやすくなります。

 

顔も大きくなりフェイスラインもぼやけて良い印象を残しにくくなってしまいます。

 

・顔の肉がたるみ始める

 

姿勢が悪くなると、前かがみになる例が多いです。

 

いわゆる、”猫背”のような状態のことを指しています。

 

猫背になると、いつも足元を見ている感覚です。

 

うつむき加減となってしまいます。

 

正面を向いていれば、顔の肉もそれほど重力の影響を受けません。

 

しかし、いつも猫背で足元ばかり見ていると、自然と顔の肉が垂れ下がってきてしまうのです。

 

これが顔のたるみの主原因となってしまっている方も少なくありません。

 

・顔のバランスが悪くなる

 

右側の顔と左側の顔が左右対象になっていない可能性も出てきます。

 

右側だけむくんでしまう、左側だけむくんでしまう、といった状況が生まれてしまうのです。

 

むくみとたるみは密接に結びついているので、むくみにくくする必要もありますよ。

 

■姿勢が原因の顔のたるみの解消法

 

・姿勢を正して生活すること

 

当たり前のことですが、胸を張って背筋を伸ばして生活してください。

 

そうすれば自然と顔も下をむくのではなく正面を向くようになります。

 

顔の肉が重力によって下側に引っ張られなくなるので、たるみがみるみる改善した例もあるほどです。

 

・歯のかみ合わせを治療する

 

ちょっと意外なことかもしれませんが、歯が体のバランスに大きな影響を与えています。

 

歯並びが悪かったりすると、右側だけで噛んでしまったり、左側だけで噛んでしまうこともあるのです。

 

右に重心が寄ったり、左に重心が寄ったりと姿勢が悪い原因にもなります。

 

歯医者に行って矯正をしてもらうのも、顔のたるみを退治する一つの方法なんですよ。

 

・パソコンを利用する時間を少なくする

 

パソコンをするときは、どうしても俯いてしまうものです。

 

その結果、猫背と同じような症状になってしまいます。

 

パソコンを利用する時間を減らすのもお勧めなので、実践できるのであれば取り組んでみましょう。