リンパマッサージで顔のたるみに対処しよう

リンパマッサージで顔のたるみに対処しよう

リンパマッサージは顔のたるみに非常に効果的と言われています。

 

なぜリンパマッサージが顔のたるみ対策になるのでしょうか。

 

その理由とマッサージの方法について詳しく解説します。

 

 

■リンパマッサージが顔のたるみにまで影響を与えるワケとは?

 

・顔のたるみの原因にリンパの流れの滞りも含まれるから

 

リンパの流れが滞ってしまうと、老廃物などが排出されにくくなってしまいます。

 

体内にととどまってしまいやすいのです。

 

いわゆる毒素と言われるものですが。

 

身体を酸化させる機能も持っています。

 

体が酸化してしまうと、老化が引き起こされます。

 

シワが出来てしまったり、皮膚にたるみが生じてしまうのです。

 

マッサージを行い、リンパの流れを良くして身体を酸化しにくくしなければなりません。

 

リンパは全身に流れています。

 

顔だけに影響を与えるわけではありません。

 

二の腕や太もも、そしてお尻やふくらはぎなど、様々な部位に影響を与えてしまいます。

 

こちらでは、その中から顔のむくみに効くリンパマッサージ法について解説します。

 

1回だけ行っても効果は持続しません。

 

なるべく継続的に実施して、むくみにくい体質を得るのが肝心ですよ。

 

■顔のむくみを除去してたるみを取るリンパマッサージ方法

 

・頭皮をマッサージすること

 

少し意外な部位になるかもしれませんが、頭皮にもリンパは流れているので、人体で最も高いところにある頭皮に対してマッサージするのが肝心です。

 

特に頭頂部には、百会(ヒャクエ)と呼ばれるツボがあるのです。

 

そちらを押すことで、まずは頭皮の血行が良くなります。

 

血行とリンパの流れは密接に結びついています。

 

・血行が良くなる⇒リンパの流れも良くなる
・血行が悪くなる⇒リンパの流れが悪くなる

 

百会(ヒャクエ)のツボですが、自律神経や精神的なストレス対策にもなります。

 

心身に疲れを感じた時に押すようにすれば、良い効果を発揮してくれるはずですよ。

 

・鎖骨の付近をマッサージすること

 

顔へと通じるリンパの流れは鎖骨のあたりにきています。

 

鎖骨でリンパの流れが滞ってしまうと、顔にリンパがたまりむくみの原因となってしまいます。

 

鎖骨の付近を優しくマッサージすることでリンパの流れが良くなるので、定期的に行ってください。

 

鎖骨は露出する機会も多いと思うので、肌が傷つかないようにマッサージするときはクリームを利用するのがお勧めです。

 

血行促進系の機能があるマッサージクリームを活用するのがお勧めですよ。

 

 

■顔のリンパマッサージの注意点

 

こちらでは顔を直接マッサージする方法は紹介しませんでした。

 

これには訳があります。

 

実は顔の肌にデリケートなのです。

 

きつく行って肌を痛めてしまうと、肌トラブルを引き起こしかねません。

 

特に摩擦が起こると肌が傷んでしまうので、顔のリンパマッサージを考えている方は気をつけてくださいね。