顔のエクササイズでたるみ解消するテクニック3つ!

顔のエクササイズでたるみ解消するテクニック3つ!

顔のたるみはエクササイズにて撃退できます。

 

しかし、誤った方法でエクササイズしては意味がありません。

 

こちらでは特におすすめのエクササイズ方法を3つほど紹介します。

 

顔のたるみで悩んでいて、対策法が思いつかないといった方は必見です。

 

■頬の筋肉を持ち上げるエクササイズでブルドックフェイスを撃退!

 

顔のエクササイズで基本となるのが、頬の筋肉を鍛えることです。

 

主にほうれい線の位置などのたるみを解消するためのエクササイズ法になります。

 

 

【頬の筋肉を鍛えるエクササイズ法】
1.鏡を見る
2.口角を上げる(笑顔にするような感覚)
3.上げた状態を5秒間から10秒間ほどキープ
4.元の状態に戻す
5.2から4の運動を繰り返す
6.1日あたり5回から10回程度繰り返す

 

たったこれだけの運動法です。

 

それほど時間もかかりません2分から3分程度あればできます。

 

また、体力も必要としていません。

 

顔の筋肉はキツイかもしれませんが、しばらく行っていればどんどんと慣れてきます。

 

慣れてきたら顔の筋肉が鍛えられてきた証拠ですよ。

 

■口の周りのたるみを除去するエクササイズ!

 

口の周りもたるみやすいです。

 

口角が下がって見えると、年上に見られてしまう機会も多いので、やはり効果的な対策がどうしても必要になってくるのです。

 

【口の周りのたるみに対処するエクササイズ】
1.「あ」の発音で大きく口を開ける
2.「い」の発音で口を大きく動かす
3.「う」の発音で大きく口を動かす
4.「え」の発音で口を大きく動かす
5.「お」の発音で口を大きく動かす
6.1から5での運動を2回ほど繰り返す。

 

 

ポイントは口を少しでも大きく開けるほどです。

 

口の周りの皮膚が負荷を受けているように感じさせればこちらのエクササイズ法は成功です。

 

口周りの筋肉が効率的に鍛えられて、口周辺のたるみを抑えられますよ。

 

■ペッドボトルを使った顔のたるみの解決テクニック

 

用意するものは500ミリリットルのペットボトル一つだけです。他に必要なものはないのですぐにでも始められます。

 

【ペットボトルを使ったエクササイズ法】
1.空のペットボトルを咥える
2.思いっきり息を吸い込みペットボトルをへこませる
3.息を戻してペットボトルを元の形にする
4.2と3の運動を繰り返し実施する

 

 

この運動法はかなりきつさを覚える方が多いです。

 

いきも使いますし、特に頬の筋肉を多く使うのです。

 

普段使っていない表情筋に大きな負荷がかかるので、効果もかなり大きいです。

 

ちなみにペットボトルは清潔なものを用意してくださいね。

 

このエクササイズ用に準備しておくのも良いかもしれません。