表情筋を鍛えて顔のたるみ解消するテクニックとは

表情筋を鍛えて顔のたるみ解消するテクニックとは

顔のたるみは容姿に、あまりにも大きな影響を与えてしまうものです。

 

しかし、たるんでしまったからといって諦める必要は全くありません。

 

対策法が幾つもあるのです。

 

こちらでは、表情筋を鍛えて顔のたるみを撃退する方法について解説します。

 

紹介するのはすでに顔のたるみで悩んでいる方はもちろんですが、まだたるんでない方にもチェックして欲しいテクニックになります。

 

実は予防効果もあるんですよ。

 

20代の若いときから実施して、309代や40代でたるんでしまわないように、表情筋を鍛えてみませんか。

 

■表情筋を鍛えて目元のたるみを打破するテクニック

 

用意するものがあります。

 

クリーム、またはオイルを用意してください。

 

手を使った鍛え方になるので、肌を痛めないためにも必要なのです。

 

たとえば、ホホバオイルといったものやオリーブオイルといったものでも構いません。

 

なるべく肌に優しい物を選択してください。

 

【目元のたるみを解決する表情筋の鍛え方】
1.眉を上に引き上げる
2.引き上げたら指でその位置を固定する
3.固定したら下瞼を持ち上げる感覚で目を閉じる
4.そして開く
5.10回程度は繰り返すこと

 

下のまぶたが伸ばされている、引っ張られている、といった感覚が得られればこの運動法は成功していることになります。

 

回数については10回でも良いですが、少しでも早く効果を得たいのであれば20回程度にしても構いません。ただし、大事なのが毎日続けることです。

 

怠ってしまうと、すぐに元に戻って目の下がたるんでしまう可能性があります。

 

定期的な行動が顔のたるみ対策には、どうしても必要になってきます。

 

■頬のたるみを解決するためのテクニック

 

・ほうれい線付近のたるみを打破する表情筋の鍛え方

 

ほうれい線付近のたるみは、かなり年齢を感じさせてしまうものです。

 

しかし、表情筋を鍛えてあげれば効果を得られるので安心してください。

 

では、どのようにして頬のたるみを打破すればよいのでしょうか。

 

 

【頬のたるみを解決する表情筋の鍛え方】
1.唇を横に広げて口角を上げる
2.口を元通りにする
3.10回程度繰り返すこと

 

口を広げて口角を上げた時点で、少しその状態をキープしてください。

 

キープすればするほど、表情筋が鍛え上げられます。

 

キープする秒数としては5秒程度が適切です。

 

また、口を広げて口角を上げてキープしたあとに元に戻す時には、ゆっくりと戻してください。

 

早く戻すと反動を使ってもとに戻しているのと同じことになるので、表情筋を効果的に鍛えることにはならないのです。