スキンケア化粧品で顔のたるみを解消するテクニック

スキンケア化粧品で顔のたるみを解消するテクニック

顔のたるみを解消するために注目して欲しいのが、スキンケア化粧品の利用です。

 

スキンケア商品によっては、たるみの解決が狙える場合もあるのです。

 

こちらでは、たるみ対策ができる化粧品を選ぶテクニック、さらにその化粧品を効果的に使うテクニックについて解説します。
参考:30代の乾燥肌・敏感肌の基礎化粧品のおすすめは?

 

■たるみを改善できる成分が含まれている化粧品を選ぶこと

 

化粧遺品と言っても、それぞれ役割が持たされています。

 

保湿機能が高いものもあれば、抗酸化作用を持たされた化粧品もあるのです。

 

ですから、たるみ対策に役立つ成分を含んでいる化粧品を選ばければなりません。

 

たるみの原因は様々あると考えられています。

 

例えば、肌の酸化や乾燥といったものです。

 

それらをしっかりと押さえ込める成分をまずは理解しましょう。

 

・保湿機能が高いとされる成分⇒セラミド・ツバキオイル・スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)・水素添加大豆レシチン・水素添加大豆レシチン・コラーゲンなど
・抗酸化機能が高いとされる成分⇒ビタミンC誘導体・アスタキサンチン・リコピンなど

 

他にもたくさんの成分がありますが、代表的なものを掲載しました。

 

ちなみに成分によっても機能には大きな違いがあります。

 

効果が強く出るものもあれば、あまり出ないものもあります。

一定期間のお試しで複数のスキンケア化粧品を利用して、その中でもっともよい効果があったものを継続的に利用するのがお勧めです。

 

関連:雑なスキンケアと間違えたピーリングは敏感肌の原因に

 

■たるみを改善させやすくするスキンケア化粧品利用時のおすすめテクニック

 

・マッサージをしながら塗りこんでいく

 

肌と肌を直接触れさせてマッサージするとお肌を痛めてしまうのですが、化粧品をワンクッションとして入れて利用するのは問題ありません。

 

マッサージについては、ツボ押しやリフトアップせるのをイメージさせてください。

 

ツボに関しては、様々な部位にあります。頬骨のところにもありますし、耳たぶのところにもあります。

 

それらのツボをしっかりと押して、たるみが出てこないように対処しましょう。

 

マッサージについては、血行を促進させるイメージや下から上へマッサージする、といったことも基本的にオススメです。

 

血行が良くなれば代謝も良くなり、アンチエイジング化が進みます。下から上へマッサージすれば、肌がもともとあった位置にどもりやすくなり、その状態を維持しやすくなるのです。

 

・顔を運動させながら化粧品を使うのもおすすめ

 

顔を鍛える運動法があります。そちらを行いながら化粧品を利用するのも、たるみ対策にはかなり役立ちますよ。