まぶたのたるみに注意!原因と改善方法を調査しました

まぶたのたるみに注意!原因と改善方法を調査しました

 

顔のたるみで気になるところには、まぶたのたるみがあります。

 

普段から、まばたきをしますので、まぶたが衰えるとは考えにくいですね。

 

しかし、まぶたを引き上げる筋肉が弱まっていくことで、

 

目の周りの脂肪が下がって見えるようになります。

 

目の周りの肌は、薄くてダメージを受けやすくなっています。

 

保水する力も他の肌と比較して少ないので、乾燥からくるたるみが出やすいでしょう。

 

 

 

まぶたのたるみケアをする時は、デリケートな部分なので

 

マイルドな成分を使ったほうが良いですね。

 

触るときにも力を入れないのがコツです。

 

早く治したいからと言って、力を入れてこすってしまうと、

 

逆にダメージが出て、たるみが酷くなってしまいます。

 

 

 

一般的なまぶたのたるみなら、まぶたエクササイズでも改善できますね。

 

左右の眉毛に右手と左手の人差し指を添えて下さい。

 

指で眉毛を上に引き上げるのと同時に、まぶたをしっかり閉じましょう。

 

5秒キープして力を抜くというのを毎日3セット続けてみてください。

 

こういったトレーニングを取り入れながら、

 

目の周りのスキンケアも充実させていくのが理想的ですね。

 

 

 

まぶたがたるんでいる状態が続くのは老けて見えるというデメリットだけではありません。

 

頭痛や眠りにくい、精神的に安定しないという他の問題が出やすくなりますので、

 

出来るだけ早く解消することをオススメします。

 

肩こりや疲れやすいという症状も出てしまいますよ。

 

 

 

まぶたのたるみで注意をしなくてはいけないことがあります。

 

これは病気として起こることなのですが、眼瞼下垂症というものがあります。

 

目の周りの筋肉がバランスを崩すことで発症します。

 

黒目の70%が、まぶたに隠れてしまい目を開けられない状態になるようですね。

 

同時に眉毛が下がって見えたり、おでこのシワが酷くなるという症状が出ます。

 

1円玉に糸をはって、まぶたにテープで付けてみた時に、

 

半分以上黒目が隠れて見えたら眼瞼下垂症の可能性がありますね。

 

思い当たることがあれば、病院での検査をしたほうが良いでしょう。

 

それ以外なら、あまり深刻に考えなくても構いませんよ。

 

単なるたるみでも手術をして治すと考える人がいますが、眼瞼下垂症でないのなら、

 

セルフケアとして改善をしていくことのほうが良いでしょう。

 

費用のかかることでもありますし、後々になって問題が出ることも予測できます。

 

スキンケアやエクササイズを利用していくと、高額な費用ではありません。

 

リスクもないので安心だと思いますね。