よく耳にする『アンチエイジング』って具体的にどこをどうすればいい?

よく耳にする『アンチエイジング』って具体的にどこをどうすればいい?

アンチエイジングというのは、かなり広範囲にエイジングケアをすることを言います。

 

若返りという意味合いではなく、老けて見えさせないよう維持していくことが目的ですね。

 

そのためアンチエイジングは早めに始めたほうが良いのです。

 

もちろん始めるのに遅すぎて効果が全く出ないということはありませんよ。

 

 

 

顔のたるみは老け見えの原因になっていますので、多くの女性がスキンケアにかなり努力しています。

 

その他に年齢を感じさせるものとして、首のシワがありますね。

 

この対策はしやすく、顔のスキンケアをするときには、首とデコルテまで同じケアをするだけでいいのです。

 

 

 

他には髪の毛のケアが出来ず、ボサボサの髪の毛やツヤのなさ、髪の毛のボリュームが減ることでも5歳は老けて見えるようです。

 

手も人目につきやすい部分なので年齢を感じるパーツとして挙げられますね。

 

総合的なアンチエイジングを実践するなら、顔だけではなくヘアケアやハンドケアも充分にしたほうが良いでしょう。

 

 

 

ただし!

 

 

初対面の人が「この人は若いな」と感じるのは顔を見て判断しています。

 

 

そのときに顔がたるんでいたり、たるみからほうれい線が目立つなら老けた印象が残りますよね。

 

たるみは、ほほ周りをコケさせて見せて、アゴ周りへボリュームが移動していきます。

 

一般的に「オバサン顔」と言われるものをイメージしていただくと分かりやすいでしょう。

 

スタートのほうれい線から始まり、ドンドン顔の下の方へと顔の肉付きの変化が出てしまうのです。

 

今までは美肌ケアだけを頑張っていれば良かったという方も、たるみケアを始める必要がありますね。

 

「せっかく肌がきれいなのに老けて見えるよね」と思わせるのは、顔のたるみが原因になっています。

 

美顔器を使ったり表情筋エクササイズなどをすることで改善していきましょう。

 

 

 

完全にたるみのない状態を維持していくのは難しいです。

 

しかし、年齢以上に、たるむことを抑えられるなら、それだけ若く見えるということです。

 

アンチエイジングは、顔のたるみケアを中心に進めていったほうが良いですね。

 

肌の構造を知ることもアンチエイジングには欠かせないことです。

 

コンディションが整ってくると、顔のたるみが緩和されやすいですよ。

 

リフトアップの効果が見えてくると、モチベーションも高まって、精神的なアンチエイジングにも繋がります。

 

 

 

気持ちが若々しいのも肌を美しくハリのある状態に出来るキッカケになりますね。